空き家対策

現在、全国で増え続ける空き家が問題になっています。今すぐに住宅の解体をする必要はありませんが、建物はいずれ老朽化していき、管理者が居なければ短期間で著しく老朽化は進むと思われます。 老朽化が進み、倒壊や飛散、脱落や衛生上の問題があった場合、市町村から助言又は指導が行われます。そうなる前に解体工事を行う場合、住宅の規模によっても大きく変わることになりますが、一般的な一戸建て住宅の場合では、数十万円から数百万円に達することが多く、ある程度まとまった資金が必要となってきます。 そんな中で自治体では、耐震化推進事業の一環として、解体費用を補助する助成金制度があります。自治体が定めた条件を満たす建物であれば、解体工事を行うことで助成金が受け取れるというものです。

scroll-to-top