SDGsの取り組み

sdgs-img01

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。


sdgs-midashi

環境への取組み・資源の循環

sdgs-img02

未来創研株式会社では環境に配慮した事業活動を社員一丸となって推進します。解体工事で発生するアスベストなどの危険物質、大気汚染物質は、専門資格を有する自社職人による施工管理のもと、適正に処理しています。さらに、同じく環境に配慮した協力会社とパートナーシップを結び、連携を図りながら資源循環を推進します。

人権・雇用への取り組み

sdgs-img03

未来創研株式会社では年齢、性別、国籍、宗教、社会的身分、障がいなどに関係なく、意欲を持った人材を積極的に雇用し、雇用機会均等を確保しています。また、従業員の健康、成長、はたらきがいを最重要に捉え、労働環境を整備し、心身ともに充実した働き方に配慮する健康経営に努めています。

scroll-to-top